社会福祉協議会とは



 社会福祉協議会とは、地域社会において民間の自主的な福祉活動の中核となり、住民の参加する福祉活動を推進し、保健福祉の諸問題を地域社会の計画的・協働的努力によって解決しようとする公共性・公益性の高い民間非営利団体で、住民が安心して暮らせる福祉コミュニティづくりと地域福祉の推進を使命とする組織です。
 社会福祉協議会は、戦後間もない昭和26(1951)年に民間の社会福祉活動の強化を図るため、全国、都道府県レベルで誕生しました。ほどなく市区町村で組織化がすすみ、福祉活動への住民参加をすすめながら現在まで一貫して地域福祉活動推進の中心的役割を果たしてきました。地域住民、社会福祉の関係者などの参加・協力を得て組織され、活動することを大きな特徴とし、民間組織としての自主性と、広く住民や社会福祉関係者に支えられた公共性という、2つの側面をあわせ持った民間非営利組織です。
 法的には社会福祉法109条に「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」であると明記されています。

社会福祉協議会の基本的性格

構成

市区町村の社会福祉協議会は、地域の住民、社会福祉や保健・医療、教育などの関連分野の関係者、さらに地域社会を形成する他の様々な専門家・団体・機関によって構成されています。

目的

住民主体の理念に基づき地域が抱えている様々な福祉問題を地域全体の問題としてとらえ、みんなで考え、話し合い、活動を計画し、協力して解決を図ります。さらにその活動をとおして、福祉コミュニティづくりと地域福祉の推進をめざしています。

事業

住民の福祉活動の場づくり、ボランティア活動や仲間づくり活動の支援、社会福祉にかかわる行政・民間の関係者・団体・機関の連携をすすめたり、具体的な福祉サービスの企画や実施を行います。

組織

社会福祉協議会は、市区町村、指定都市・都道府県および国の段階に設置され、そのネットワークにより活動をすすめています。また、民間組織としての自主性をもち、住民と、社会福祉関係者の参加に支えられた地域の公益的・自立的組織です。


走るあんぴ

▲ページの先頭へ