福祉教育推進事業


 大阪市淀川区社会福祉協議会では、小中学校を対象に福祉体験学習のお手伝いをしています。車椅子やアイマスクを使っての体験学習や、「もみじセット」を使っての高齢者擬似体験、また「介護」や「認知症」などについて話をして、地域住民の福祉に対する意識を高め、みんなにやさしいまちづくりをめざして福祉教育を推進しています。

▲ページの先頭へ