権利擁護事業


高齢者の権利を守ります(虐待の早期発見・防止などの権利擁護)

 高齢者が安心していきいきと暮らすために、さまざまな権利を守るための制度の紹介や早期発見・防止のための取り組み、消費者被害の相談などに対応します。

こんなときには・・・・

訪問販売で断ることができず、高額な布団を契約してしまった

物忘れがあり、お金の管理ができず困っている

介護のストレスや不安を聞いてほしい

近所に気にかかる虐待の疑いのある家族がいる

 ◎消費者被害防止のための情報提供など
 ◎あんしんさぽーと・成年後見制度の利用支援
 ◎高齢者虐待の早期発見・防止のためのネットワークづくり

〜地域で守ろう・支えよう〜

 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援者に関する法律(平成18年4月)」が、施行され、高齢者虐待防止についての取り組みがすすめられています。高齢者への虐待を未然に防止し、早期に発見し、関係者だけでなく地域で協力して、高齢者や養護者を見守り支援していくことが大切です。


虐待はどこでも、誰にでも起こる可能性があります。
一人で悩まず相談しましょう


高齢者虐待・養護者支援に関する対応窓口

淀川区保健福祉センター保健福祉担当

(平日 午前9時〜午後5時30分)
TEL:06−6308−9857

淀川区地域包括支援センター

(平日 午前9時〜午後7時、土曜日 午前9時〜午後5時)
TEL:06−6394−2914

大阪市社会福祉研修・情報センターの「高齢者相談8181」

(24時間対応)「休日夜間福祉電話相談」
TEL:06−4392−8181

▲ページの先頭へ