介護予防ケアマネジメント


自立して生活できるよう支援します(介護予防ケアマネジメント)

 介護保険で、要支援1・2と認定された方や、要介護、要支援状態となるおそれのある方に対して適切なケアマネジメントを行います。
 元気な人も、支援や介護が必要な人も、生活機能の低下や重度化をできるだけ防ぎ、自分らしい生活を実現できるよう支援することです。
 そのために、生活機能の低下が軽度である早い段階から継続して、予防的な事業、サービスを提供しています。

要支援1・2と認定された方

介護予防サービスを利用したい方-地域包括支援センター-アセスメント(利用者や家族の希望心身の状態や環境等把握し、課題を分析します。)-サービス担当者との話し合い(目標を設定して、それを達成するための支援メニューを利用者、家族や担当者と検討します。)-ケアプランの作成(目標を達成するためサービスの種類や回数を決定します。)

65歳以上で要介護認定を受けていない方

生活機能評価を受診しましょう。

 生活機能評価は、心身機能等の低下が心配な方に対して、介護が必要となる状態を予防する介護予防事業に参加していただく必要があるかどうかを判定する検診です。
(受診方法)
各区保健福祉センターや地域の小学校等で受診する。
大阪市が指定する医療機関で受診する。
介護予防事業を利用できる方(非該当のうち特定高齢者)-地域包括支援センター-アセスメント(生活機能評価の結果をもとに利用者や家族の希望を把握し課題を分析します。)-サービス担当者との話し合い(複数のサービスを利用すると必要な場合に実施します。)-ケアプランの作成(目標を設定して利用するサービスを決定します。)

介護予防事業とは

閉じこもり等予防事業

運動器の機能向上事業

栄養改善事業

口腔機能向上事業

▲ページの先頭へ